取締役会とは

 会社の役員のうちでも、取締役だけで構成される取締役会とは、法律上どのような性格をもった機関なのでしょうか。

スポンサーリンク

 取締役会は、株主総会によって選任された取締役の全員で構成される会議体であって、業務執行に関する意思決定機関であるとともに、代表取締役または業務執行取締役の業務執行を監督する機関です。
 取締役会は、取締役の全員で構成される機関です。そして、個々の取締役は、取締役会を構成するメンバーにすぎません。
 また、個々の取締役は、取締役会が代表取締役その他の業務執行取締役に明示または黙示に委任をした場合を除き、個々的には会社の業務執行についての意思決定権を有していません。
 すなわち、取締役の全員が取締役会を構成して、会社の業務執行に関する意思決定をするとともに、代表取締役その他の取締役に対する監督権限を行使するのです。
(1)株主総会と取締役会との関係
 株主総会は、会社の最高機関ですが、株主は実際には会社事業の経営につき知識、経験を有していないのが一般です。したがって業務執行の具体的内容につき、すべて株主総会で決議することは、会社事業の合理的運営の観点からみて不適当です。
 そこで法律は、原則として株主総会の決定事項を基本的事項にかぎり、それ以外の事項の決定については、会社経営の専門家である取締役で構成される取締役会に委ねることにしています。
 しかし、株主が会社事業の経営に関心がある場合があり、また、法律で株主総会の決定事項とはされていないが、総会の権限とすることを欲する場合があるので、法定事項でなくても、定款で定めることによって総会の権限とすることはできます。
(2)取締役会と代表取締役との関係
 取締役会は、会社の業務執行に関する決定権を有する機関ですが、日常の営業取引などの業務執行についてまで、すべて取締役会が決定しなければならないというのでは、煩雑であり、かえって取締役会の機能に支障をきたすことになりかねません。
 そこで、取締役会は、代表取締役その他の業務執行取締役を選任して、実際の業務執行手続にあたらせるとともに、日常的な重要でない事項については、その意思決定も代表取締役その他の業務執行取締役に委任するのが普通です。
 そして取締役会が代表取締役その他の業務執行取締役を選任したときは、原則として、そうした範囲の決定権限の委任を黙示的に行ったものとみるべきです。
 しかし、どんな事項でも代表取締役に委ねてもよいとすると、代表取締役の権限が強くなりすぎて、その専横の可能性が生じるとともに、取締役会による業務執行の監督権限が実行性を発揮できなくなるおそれがあります。
 そこで、商法上取締役会が決定し、あるいは取締役会の決議によるものと定められている事項は、解釈上当然に取締役会が決定しなければなりません。さらに、昭和56年の商法改正により、それ以外にも下記のような一定の事項およびその他の重要な業務執行については、取締役会が自ら決定しなければならず、これを代表取締役その他の業務執行取締役に委ねることができない旨が定められました。
 1. 重要なる財産の処分および譲受け
 2. 多額の借財
 3. 支配人その他の重要なる使用人の選任および解任
 4. 支店その他の重要なる組織の設置、変更および廃止
 取締役会は、会社の業務執行についての意思決定機関であるとともに、代表取締役その他の取締役に対する監督機関でもあります。これは、昭和56年の改正商法によって明文化されました。
 業務執行の監督の手段として法律上規定されているうちで重要なものは、代表取締役の選任・解任権、代表取締役その他の取締役の取締役会に対する会社の業務執行状況報告義務、各取締役の取締役会招集請求権、取締役の違法行為に関する監査役の取締役会への報告義務などです。

copyrght(c).会社役員の法務.all; rights; reserved

取締役会とは
取締役会の決議事項
取締役会の権限を他に委任できるか
重要な財産の処分、譲渡とは
多額の借財とは
重要な使用人とは
取締役会は誰が招集するのか
取締役会を招集するための手続き
メールなどによる取締役会の招集通知
取締役会招集通知が戻ってきた場合
取締役会招集手続の省略
取締役会の招集通知期間の短縮・伸長
取締役会の開催時期と回数
緊急に取締役会を開きたいとき
取締役会はどこで開催してもよいか
取締役会はテレビ会議で開催してもよいか
取締役会の定足数・決議要件
取締役の過半数が取締役会に出席できないとき
取締役会に代理人を出席させることは
取締役会の議案について可否同数の場合に議長が決することができるか
取締役会で特別利害関係となる事項
取締役会の議長の選出とその権限
特別利害関係人と取締役会の議長
取締役会の議案提出権は誰にあるか
議案の変更や追加はできるか
招集通知に議題として記載されていない代表取締役解任の決議
取締役会の決議を後日取消すことができるか
招集手続や決議内容に不備がある場合
欠格事由のある取締役が参加した取締役会決議の効力
取締役会と新株の発行
ストック・オプション制度とは
ストック・オプション制度の権利付与の対象者とは
取締役会と社債の発行
監査役は取締役会にどうかかわるか
親会社の取締役は子会社の業務について決議できるか
取締役会の中途出席者・中途退席者の議事録への記載は
取締役会規則はどのように定めるか
取締役会規則の閲覧・謄写請求があったとき
取締役会と常務会との関係
常務会規模はどのように定めるか
監査役の権限
監査役と監査役会の関係
会計監査人と監査役会の関係
監査役会の代表者
監査役会の決議方法
監査役会は誰が招集するのか
監査役会が各監査役の役割分担を決める事は
監査役会議事録の保存・備置きと閲覧
監査役会への取締役等の出席は求められるか
会社役員とは
取締役の選任方法
取締役の任期の定め方
取締役の職務
取締役の一般義務
取締役が負う民事上の責任
株主総会の性格と機能
役員の報酬はどのようにして決めるか
有限会社の役員の人数や資格に制限はあるか
税法上の役員とは
交際費の判断基準
寄付金の経理の方法
創業祭等の協賛金
交際費と福利厚生費の区分
創立記念パーティーに要した費用
使途不明金の意味
法務上の役員の範囲
役員退職給与と使用人に支給する退職金との取扱いの差異