寄付金の経理の方法

 今年初めて経理担当になり、現在は決算期であるため損益計算書を作成しています。会社の支出する寄付金は営業費用・営業外費用・特別損失のいずれで処理すべきでしょうか。また、利益処分で経理して支出することが可能でしょうか。

スポンサーリンク

 寄付金は営業外費用として処理することになります。また、国などに対する寄付金、指定寄付金および特定公益増進法人に対する寄付金については、利益または剰余金処分による経理をした場合であっても損金の額に算入できることとされています。
 寄付金は一般に会社の業務とは直接関係のない金銭等(金銭その他の資産または経済的利益)の贈与または無償の供与として把握することになっています。そしてその金額は時価により計算することになっています。
 寄付金は、その性格から一方的に金銭その他の資産を相手方に給付するものであり、また、対価をともなわないことを本質にしており、営業活動以外から生ずる損益である営業外損益に帰属しますので、営業外費用として処理すべきことになります。
 次に、財務諸表等規則ガイドライン95の2によりますと通常の取引以外の原因に基づいて発生した臨時的損失が特別損失として例示されています。
 寄付金は通常の取引原因にもとづいて発生したものではありませんが、会社の自由意思にもとづいて拠出するもので、災害、盗難、不法行為による損失のように他動的原因によって臨時的に発生したものではないため、会計上損失とは考えられません。よって、特別損失として処理する余地はないと思われます。
 利益処分でする寄付金は、原則としてその全額が損金の順に算入されないこととされていましたが、国または地方公共団体に対する寄付金、指定寄付金および特定公益増進法人に対する寄付金は、公益目的に沿うものであり、企業に幅広くその支出を促す意味からも、寄付金の損金算入についてさらに拡充する必要をうけて、公益の増進に貢献する団体などに対する寄付金は、法人が利益処分経理で行った場合でも損金の順に算入されることが認められました。
 なお、寄付金は現実に支払がされるまでの間は、支出がなかったものとされているところであり、指定寄付金等につき利益処分により経理した場合であっても、現実にその支払または給付がされるまでは、その寄付金は損金の額に算入されませんので留意してください。
 また、国などに対する寄付金および指定寄付金については、利益処分により経理した場合であっても、原則としてその支出した全額が損金の順に算入されることになりますが、特定公益増進法人に対する寄付金については、寄付金の損金算人類の規定により、損金算入限度額の計算を行う必要がありますので注意してください。

copyrght(c).会社役員の法務.all; rights; reserved

寄付金の経理の方法
一般の法人における損金算入限度額
原価算入した寄付金の処理
金銭以外で寄付を行った場合の経理処理
国外関連者に対する寄付金
寄付金の未払計上と仮払計上
利益処分による寄付金
不動産業者が支払った開発負担金の経理処理
寄付金の特例の適用手続
採納の手続によらない寄付金の確認
工業所有権の無償譲渡と税務処理
寄付金となる無償の役務提供の経理
売上割戻し等の算定基準
特約店ごとに割戻率の異なる場合
割増支出する売上割戻し
過年度分の割戻率の変更
内規のない売上割戻し
売上割戻しとしての事業用資産の範囲
取引関係を結ぶために相手方の従業員に支出する運動費
売上割戻しとしての事業用資産の判定
従業員の娯楽用品は事業用資産か
売上割戻しとして従業員食堂用テレビを交付する費用
売上割合に応ずる得意先への商品支給
3000円以上の物品の交付
小額物品の内容
1枚3000円以下の観劇券、入場券、商品券などは少額物品か
タクシー・クーポン券
3000円以下の手土産は少額物品か
特約店のセールスマンに対する売上割戻し
物品による売上割戻し
販売した商品と同種の商品を添付する場合
仕入先に物品を交付する場合
専属特約店の団体への物品の交付
特約店の一般従業員に支出する販売奨励金
外国企業に対するリベート
小売業者が支出する売上割戻し
小売店に支出する割戻し
得意先が少数の場合の売上割戻し
契約に無い割戻し
特別売上割戻し
売上割戻しの預り
リベートの口座別プール
得意先が売上割戻しの一部を任意に積立てた場合
招待費用の払戻し
招待旅行に参加できない得意先
収益に計上されていない売上割戻し
新製品発売に伴う旧製品の高価な下取り
親睦団体の主催する旅行への売上割戻しの充当
得意先の経営状態を改善するための高率のリベート
売掛金の回収状況による売上割戻し
販売奨励金の取扱い
売上割戻しと相手方の収益計上
販売奨励金と交際費の区分
売上高を基準にしない販売奨励金
特定地域の得意先
店舗改装費用の負担
取引先の従業員のための宿泊費の負担
他社製品を扱わない事を条件とした販売奨励金
販売促進費と寄付金の区別
下請業者に対する褒賞金
取引先に支払う謝礼金、贈与品
専属特約店の団体への賞金の交付
優良得意先への表彰金品の費用
特約店の専属セールスマンの表彰費用
特約店の従業員に支給する長期勤続奨励金
自社製品の値引き部分の処理
得意先が販売奨励金を交際費等として使用した場合
専属特約店の団体への販売奨励金の交付
特売会の陣中見舞いを兼ねた販売奨励金
景品付販売の景品
景品引換券の範囲
社員を対象にした抽選券付販売
景品交付費用の計上時期と交際費となる時期
特約店のセールスマンに対する慰安旅行の費用
取引会社から受ける慰安旅行の協賛金
販売促進費として受入た交際費費負担金
旅行に招待した取引先が費用の一部を負担する場合
得意先の従業員団体に支出する金一封
情報提供社を招待する旅行費用
代理店を温泉地に招待して行う販売促進会議と観光地めぐり費用
得意先を海外旅行に招待したときの同行費用
招待旅行が中止になったときの負担金
販売手数料の代わりに旅行の招待を行う場合
旅行の下見費用
招待旅行に同行する社員の費用
得意先を旅行、観劇などに招待する費用
旅行などへの招待を販売奨励金で行う場合
抽選により小売業者を観劇に招待する費用
友の会会員を観劇などに招待する費用
自社の主催するイベントの招待費
釣りの接待
取引先に配付するプロ野球のボックス席券
特定の取引先の優遇
展示会などで供出する飲食費用
商品展示会とゴルフコンペを一括して行う場合の処理
温泉地で展示会を行った場合の処理
特定の代理店に対して行う販売キャンペーン
会社役員とは
取締役の選任方法
取締役の任期の定め方
取締役の職務
取締役の一般義務
取締役が負う民事上の責任
取締役会とは
株主総会の性格と機能
役員の報酬はどのようにして決めるか
有限会社の役員の人数や資格に制限はあるか
税法上の役員とは
交際費の判断基準
創業祭等の協賛金
交際費と福利厚生費の区分
創立記念パーティーに要した費用
使途不明金の意味
法務上の役員の範囲
役員退職給与と使用人に支給する退職金との取扱いの差異