会社役員を日本人に限ってよいか

 当社の定款には「取締役、監査役は日本国籍を有するものに限る」という規定があります。しかし最近、相当数の外国人が就労するようになり、この規定が外国人に対する差別的取扱いになるのではないか心配ですが、いかがでしょうか。

スポンサーリンク

 今日の日本の社会において、外国人の労働者をどのように遇するかについて、さまざまな議論を生じていることはご承知のとおりです。他方、資本の自由化という流れをうけて、大企業を中心に外国人株主が増加し、その勢力を背景として役員への選任を求める動きも増しています。
 このような動きに対して、日本の企業では会社役員を日本人に限定する旨の定款規定を置いている例が多いようです。この定款規定ははたして有効なものと言えるのかどうか、まさに今日的な問題として提起されているわけです。
 憲法は、近代決の大原則である法の下の平等を保障していますが、この保障はすべての人を平等に扱うという趣旨であり、かならずしも自国民だけに平等を保障するものではありません。そうであれば外国人も法律的には日本人と同様の扱いをうけることが保障されるべきだとも考えられます。
 しかし今日の国際社会において、依然として国家という社会体制を単位として法制度が整備されていることも認めざるをえない現実です。そうであれば常識的な範囲のものであるかぎり、外国人を日本人と区別して取扱うことも認められてよいと考えられます。現行の我が国の法律において、相手国が日本国民に同じ権利を保障するときにのみ日本国もその国の国民に対しこれを保障する、との相互主義をとる例が多く見られますが、このような扱いも国際慣行に根拠を持つものとして前述の常識的な範囲の差別ということができると思います。
 一般論としての外国人に対する法的保障が前述のようなものであるとして、会社役員を日本人に限定する旨の定款規定は有効と認められるのでしょうか。
 商法は、会社役員の適材をできるかぎり広い範囲から得るようにとの趣旨から、役員を株主に限定する旨の定款規定を置くことを禁じています。ところが日本人に限定することを禁ずる規定は置いていません。したがってこのような定款を置くことは少なくとも商法の明文の規定には抵触しないわけで、前述のような日本人と外国人の差別として常識的なものといえるかどうか、言い換えれば合理的な差別として許容される私的自治の範囲かどうか、にかかるわけです。
 かつて、定款変更により会社役員を日本人に限定する旨の定款規定を置いたという事例について、その変更決議の効力が争われた事件で、裁判所は、この定款変更決議は憲法の保障する法の下の平等に反する不当な差別ではないとし、私的自治、株式会社自治の原則の範囲内にある、合理的な外国人に対する差別的取扱いであって有効である旨判示しました。現代の国際経済社会も各国の国民経済を単位とし前提として営まれている以上、日本の各国内企業がその企業内における外国人の企業活動に対してある程度の制約を加えることは、各企業の自主的な判断に任されるべきことがらであることを理由としています。
 学説の多くもまたこの判例の見解を支持しています。
 もっとも会社設立時につくられる原始定款において役員を日本人に限定する旨の規定を置く場合は別として、既に外国人株主がいる場合において、定款変更によって役員を日本人にかぎるとする規定を置くときにはむずかしい問題を生じます。
 この問題については、通常の定款変更決議のほか外国人株主の同意を要するとする説、通常の定款変更決議によることも可能であるが、外国人株主の持株比率が発行済株式総数の4分の1以下であることを条件とする説、通常の定款変更で足り、外国人株主の保護は種類株主に関する商法345条を類推するとする説、通常の定款変更決議で足りるとする説など様々な考え方に分れているのが現状です。この点については、取締役に選任されることは、株主の固有権ではないから、通常の定款変更決議で足りるとした裁判例があります。

copyrght(c).会社役員の法務.all; rights; reserved

会社役員とは
発起人とは
取締役と代表取締役
業務担当取締役とは
社外取締役とは
取締役の肩書の付け方
相談役・顧問とは
取締役会長とは
使用人兼務取締役とは
執行役員とは
常勤役員と非常勤役員の区別
監査役とは
社外監査役とは
社内監査役と社外監査役
会計監査人とは
検査役とは
会社役員は労働者か
会社役員と社会保険の適用
会社役員と労働保険の適用
労災保険の特別加入制度とは
取締役と監査役との関係
取締役会と代表取締役・取締役との関係
会社役員と株主総会との関係
会社役員と株主との関係
株主総会と取締役会との関係
役員規模はどのように定めるか
会社役員の資格に制限はあるか
在任中の取締役に欠格事由が生じた場合
破産会社の会社役員は役員欠格者となるか
会社役員を株主に限定できるか
未成年は会社役員になれるか
破産者は会社役員になれるか
法人は会社役員になれるか
公務員は会社役員になれるか
懲役刑の執行猶予中の者は会社役員になれるか
会社役員を日本人に限ってよいか
監査役は取締役を兼任できるか
親会社取締役と子会社監査役の兼任はできるか
親会社監査役と子会社取締役の兼任はできるか
海外子会社の取締役を兼任できるか
ニ社の監査役を兼任できるか
子会社の取締役兼任と競業取引
親子会社の取締役兼任と自己取引
独禁法による役員兼任の制限
会社役員の人数に制限はあるか
監査役の増員
定款で取締役の人数を定めるとき
取締役の人数が少なくなったとき
監査役の人数が少なくなったとき
社外監査役を欠いたとき
定款所定の人数をこえた役員の選任
代表取締役が行方不明になったとき
取締役の選任方法
取締役の任期の定め方
取締役の職務
取締役の一般義務
取締役が負う民事上の責任
取締役会とは
株主総会の性格と機能
役員の報酬はどのようにして決めるか
有限会社の役員の人数や資格に制限はあるか
税法上の役員とは
交際費の判断基準
寄付金の経理の方法
創業祭等の協賛金
交際費と福利厚生費の区分
創立記念パーティーに要した費用
使途不明金の意味
法務上の役員の範囲
役員退職給与と使用人に支給する退職金との取扱いの差異